新機能について

延長サポート リリース 102 にアップグレード

画像読み取り「Firefox 延長サポートリリース 102」

再び、Tor BrowserをFirefoxの最新の延長サポートリリースにアップグレードする時期がやってきました。Tor Browser 11.5のリリースからこの数ヶ月間、ESR 102のリリースノートを参照し、それぞれの変更がTor Browserと互換性があることを確認しています。 その一環として、Tor Browserの厳格なプライバシーとセキュリティの規矩に抵触する可能性のあるものは、すべて慎重に無効化されています。

デスクトップにおける多彩な言語のサポート

Tor Browser 12.0の表示言語を選択するメニューの視覚化

以前は、英語以外の言語でデスクトップ用の Tor Browser を使用したい場合、ダウンロードページから該当する言語のバージョンを見つけてダウンロードする必要がありました。 Tor Browserをインストールした後に言語を切り替えるのも簡単ではなく、既存のインストールに新しい言語パックを追加するか、Tor Browserを最初から再ダウンロードする必要がありました。

今日の時点で、これは過去のものであることを発表できることを嬉しく思います。デスクトップ用の Tor Browser は真の多言語対応になりました。つまり、サポートされているすべての言語が 1 つのバンドルに含まれるようになりました。 新規ユーザーの場合、Tor Browser 12.0 は起動時にシステム言語に合わせて自動的に更新されます。 また、Tor Browser 11.5.8 からアップグレードした場合、ブラウザーは以前に選択した表示言語を維持しようとします。

いずれにせよ、一般設定の言語メニューから追加のダウンロードなしで表示言語を切り替えられるようになりましたが、変更が完全に反映される前にTor Browserを再起動することをお勧めします。

当然ながら、複数の言語を1つのダウンロードにバンドルするとTor Browserのファイルサイズは大きくなります。私たちはこれを強く意識しているため、その分、別のところで効率化を図る方法を模索しています。そのため、Tor Browser 11.5と12.0のファイルサイズの差はわずかです。

Apple シリコンの標準サポート

Apple Silicon logo

これは簡単な作業ではありませんでしたが、Tor Browser 12.0 が Apple シリコンをネイティブにサポートするようになったことを嬉しく思います。 Firefox に対する Mozilla のアプローチと同様に、ユニバーサル バイナリも選択しました。つまり、x86-64 (つまり、Intel 互換) と ARM64 (つまり、Appleシリコン 互換) の両方のビルドが、実行時に自動的に選択される正しいバージョンと共にバンドルされます。

Android ではデフォルトで HTTPS-Only

「HTTPS Onlyモード」とスイッチをオンにした画像

7月に、Tor Browser 11.5 release postで、Android版Tor Browserの最新情報と近未来への抱負をお伝えしました。 今年に入ってから、開発者はAndroid向けの定期的なアップデートを再開し、アプリの安定性を向上させ、Fenix(Android版Firefox)のリリースサイクルに追いつくために、懸命に働いています。

Android向けの計画では、次の段階として、デスクトップ向けに最近リリースされた機能のうち、優先度の高いものをAndroidに移植することを開始します。まず、デフォルトで HTTPS-Only モードを有効にすることから始めます。 この変更は、Tor Browser 11.5でデスクトップに導入した悪意のあるで出口リレーによるSSLストリッピング攻撃に対して、同レベルの保護を提供するのに役立ちます。

Androidで.onionのサイトを優先的に表示する

Android版 Tor Browser のプライバシーとセキュリティの設定画面でOnion Siteを優先するオプションの視覚化

Android版Tor Browser 12.0 のもう 1 つの小さいながらも強力な改善点は、利用可能な場合は「.onionのサイトを優先的に表示する」オプションです。 有効化すると、Onion-Locationが設定されているウェブサイトに対して、自動的に一致する.onionのサイトへリダイレクトされ、新しい.onionのサイトを発見するのに役立ちます。

Android版Tor Browserの設定メニューのプライバシーとセキュリティの項目で、「.onionのサイトを優先的に表示する」をオンにすることができます。 このアップデートでは、アドレスバーの紫色の「.onion 利用可能」ボタンは含まれません。これは、デスクトップ用の Tor Browser に固有のものです。

その他...

12.0は、アルバニア語(sq)とウクライナ語(uk)をサポートするTor Browserの最初の安定版リリースです。 Tor Browserを各言語に翻訳するために尽力してくれたボランティアの皆さんに、心から感謝します<3

もし、翻訳が必要な文字列を見つけたり、他の言語の翻訳に貢献したい場合は、コミュニティポータルで、その方法を確認してください。

また、Tor-launcher(Tor Browserでtorを起動する機能)のような機能の舞台裏での様々な改善も行っており、そのコードは大幅に内部構造の整理が行われています。 そのため、Tor Browserの設定が標準的でない場合(システム torをTor Browserと併用する、あるいは非常に特殊なネットワーク設定など)、Tor起動時に予期せぬエラーメッセージが発生する場合は、Gitlabリポジトリに問題を提出してお知らせください。

最後に、Tor Browserのレターボックス化機能は、潜在的なリークやバイパスの修正、フルスクリーン動画での1pxボーダーの削除、Torへの接続画面などの信頼できるページでの機能の完全無効化など、ユーザー体験に関するいくつかの細かい改善が行われています(ただし、これらに限定されません)。

ご意見をお寄せください

バグを見つけた場合、またはこのリリースを改善する方法について提案がある場合は、お知らせください。 このリリースに貢献したTorのすべてのチーム、そして多くのボランティアに感謝します。

助けが必要ですか?

コミュニティーのFAQを見る

サポートにアクセス

連絡を取る

ライブでチャットしましょう!

IRCに参加する